さかいピアノ教室は長野県松本市筑摩2丁目の個人ピアノ教室です(講師:坂井広恵)。

♪ お知らせ ♪

2020年11月現在、当ピアノ教室(松本市)では新型コロナウィルス対策を徹底してレッスンを行っています(対策の詳細はこちら)。

現在、子供のピアノコースでは、平日17:30までの時間帯に空きはございません。無料体験レッスンおよびご入会後のレッスンは、その他の時間帯でのご対応となります。ご了承ください。

なお、大人のピアノコースでは、この限りではありません。詳細はお問い合わせください。

無料体験レッスンのお申込みはこちら

教室理念

さかいピアノ教室(松本市)では、今までのピアノ教育の伝統を守りつつ、その上で時代に即した新しい視点を持ちながら、日々のレッスンを行なっています。

・生徒さんお一人お一人の理想のピアノ演奏のためには何が必要か?

・今、私たちが生きている時代に必要なピアノ演奏とは?

・日々の生活を潤いあるものにしてくれるピアノライフとは?

上記のような広い視点を持って、ピアノという楽器が皆さんの生きる支えになり、幸せのツールとなりますように…

そんな願いを込めて、工夫を重ね、生徒さんお一人お一人にとって最適なレッスンを行なっています。

♪ 生徒さんにお伝えしたいこと

子供の生徒さんへの教室理念

お子様の可能性は無限大です。
スポンジに水が染み込んでいくように、あらゆることを吸収していきます。

さかいピアノ教室では、次のような目標をかかげてレッスンを行っています。

『生徒さんが楽しんでピアノを弾くこと』
音楽で情緒豊かに→人生を豊かにします。

『生徒さんが自発的にピアノに向かうこと』
能動的に行動できる→生きる力を育てます。

ピアノ演奏の上達はもちろんのこと、同時に人間力を育てていくことを理念としています。

ピアノを弾くことを通して、将来を生き抜く力を育てるべく、生徒さんの成長段階に応じて工夫したレッスンメニューを提供しています。

『全てのお子様の豊かな未来のために』

私自身、生徒さんと音楽を共有する時間を大切にすることで、たくさんのパワーと気付きをもらっています。
それは宝物です。
生徒さんが楽しくレッスンに通い、親御さんが安心してレッスンに通わせてくださることを一番に心がけています。

♪ 自分からピアノに向き合う子供たち

♪ シャイな子、元気な子、おしゃべりさん、泣き虫さん…みんな違ってみんな良い

大人の生徒さんへの教室理念

子供のころピアノを習ったことがある方。
もう一度、ご自分の演奏するピアノの音色に耳を傾けてみませんか?

今まで一度もピアノに触れたことはないけれど、演奏してみたい初心者の方。

「今さら」ではなく「今から」です!

ピアノは指を使い、全身を使います(意外と思われる方もいらっしゃるでしょうか)。
心身の健康のため、何といっても脳を鍛えるために、ピアノはピッタリの楽器です。

ピアノの豊かな響きが、さりげなく生活の一部になっていたら、なんて素晴らしいことでしょう。
ご一緒に、人生を彩る豊かな時間を創って行きましょう。

皆様にとって、ピアノを演奏することが楽しみや癒しであること、これこそが当ピアノ教室のモットーであり、指導者である私の願いです。

一つひとつ、懇切丁寧にご指導いたします。

音楽はみんなの物

レッスン案内

さかいピアノ教室(松本市)のレッスン科目

  • 子供のピアノコース(リトミック、ソルフェージュ含む)
  • 大人のピアノコース
  • 受験対策コース(音楽大学受験、大学教育学部受験等のソルフェージュ、楽典、他の対策)

子供のピアノ

対象年齢

4歳(年中)~ 

レッスン回数

月4回レッスンを基本とします。
※お正月休みとお盆休みを設定しているため、1月と8月は各3回レッスンになります(年46回)。

レッスンの曜日と時間は固定となります。
※必要に応じてレッスン日時を変更する場合がございます。

レッスン料

30分コース
(主に入門~初級の方)
6,000円/月
40分コース
(主に中級以上の方)
7,000円/月

コースは、レッスン内容をご相談のうえ決めさせていただきます。
上記以外の時間設定にも応じています。お気軽にご相談ください。

レッスンの様子

《リトミック&ピアノの生徒さん》

♪ 楽しいイメージがいっぱい膨らんで〜年少さんMちゃん

♪ 小さな生徒さんが続々と入会〜Rくん(5才)のレッスンでは…

楽しみながらリズム遊び

ピアノを弾くことは歌うこと

♪ お子様の豊かな未来のために

 

《ピアノ中心の小さな生徒さん》

♪ 【指の使い方】と【指遣い】について思うこと

♪ レッスン開始から4ヶ月〜Hちゃん(小学1年生)リズム感ピカイチ

♪ レッスン開始から4ヶ月目〜Kちゃん(年長さん)グングン成長

♪ 正しいリズムからより良い演奏へ

生徒の皆さんと共に元気になるレッスンを

小さな子供の生徒さんと脱力体操

 

《小学校高学年〜中・高校生の生徒さん》

♪ オーケストレーション

♪ 小学校高学年Sさんのレッスン

ピアノ演奏が子供達の自信に〜小学生Sさん憧れの曲を完璧に演奏

ピアノ演奏に大切な脱力〜Tくんのピアノの音色

♪ 音楽で感情を表現できるように

 

《オンラインレッスンの様子》

♪ 中学生Tくんのオンラインレッスン

♪ 意欲があればどんな時でも伸びていく〜高校生Mさんのオンラインレッスン

♪ Kくん(6才)のオンラインレッスン

♪ オンラインレッスンで手づくり教材大活躍

大人のピアノ

レッスン回数

月2回レッスン(1回40分)を基本とします。

レッスン曜日と時間(第1・3週か第2・4週いずれかの設定)は固定となります。
※必要に応じてレッスン日時を変更する場合がございます。

レッスン料

40分×2回 3,500円/月

レッスンの様子

♪ 大人のピアノコース〜理想の曲をアレンジして演奏

♪ とにかく楽しいんです

大人の生徒さんのレッスン

響きの美しさに感動しながら

受験対策

音楽大学、大学教育学部等の受験対策としてソルフェージュ、楽典のレッスンを行います。

レッスン回数

月4回レッスン(1回60分)を基本とします。
レッスン曜日と時間を決めさせていただきますが、受験直前あるいはご希望によってはこの限りではありません。

レッスン料

60分×4回 10,000円/月

レッスンの様子

受験対策は待ったなし

音楽のジャンルを飛び越えて〜受験対策コース高校生Aさん

レッスン教材

子供のピアノ

さかいピアノ教室(松本市)では、それぞれの生徒さんに最適な教材を選び使用していきます。

【例】
ピアノひけるよ!ジュニア、ゴーゴーピアノ、よいこのピアノ、うたとピアノの絵本、みんなのオルガンピアノの本、リズムとソルフェージュ、バイエル、バスティン、ハノン、ブルグミュラー、ピアノの練習ABC、ツェルニー、ソナチネ、ソナタ、他

※上記の他に、副教材を併用します。

大人のピアノ

ご相談に応じて最適な教材を選び使用します。 

受験対策

目的に応じ、必要な教材を選び使用します。 

ピアノ発表会について

さかいピアノ教室(松本市)では年1回、ピアノ発表会を開催します。
原則として全ての生徒さんの参加をお願いしています。

趣旨

ピアノ発表会は、レッスンや自宅練習で積み重ねてきた一年間の集大成を、ご家族や友人、知人、その他多くの人の前で披露することが目的です。
発表会では、日頃のレッスン教材より難易度の高い曲を選曲して完成させることで、演奏技術や表現力が向上していきます。
また、多くの人の前で演奏する経験は、自信を持つことや自分を律する精神力を養います。

内容

発表会では全員がソロ演奏をします。

また、それ以外に、日頃できない連弾や他の楽器とのアンサンブルなどを取り入れています。
兄弟姉妹で通ってくださっている生徒さんがほとんどなので、教室を卒業した生徒さんを発表会の時だけ巻き込んでアンサンブルを行ったりもしています。

音楽は他人と呼吸を合わせることがとても重要です。
ピアノ演奏は、ともすると独りよがりで自己満足の世界に陥りやすいと感じます。
アンサンブルを取り入れることで、他人と共感する力、他人を思いやる力を育てると同時に、演奏もレベルアップしていくと信じています。

曲目

選曲は、生徒さんの実力より少し難易度の高い曲にしています。
ほぼ100%の生徒さんが、発表会に向けてのレッスンは普段のレッスンより集中力が増し頑張るので、確実に実力アップにつながっています。

曲のジャンルは様々です。
クラシック、ポピュラー問わず、まずは指導者が選曲し生徒さんに提案します。
大抵の生徒さんはその曲を気に入って発表会で演奏してくれます。
中には、自ら選曲してくる生徒さんもいます。その生徒さんの状況に相応しい曲であればもちろんOKを出します。

発表会では講師の坂井も積極的に演奏に加わります。
連弾はもちろん、自分のレベルアップの為にソロ演奏もしています。

よくあるご質問

さかいピアノ教室(松本市)へのよくあるご質問にお答えします。

Q. レッスンを始めたら、すぐに楽器を用意しなければなりませんか?

A. レッスン開始後すぐに慌ててご準備いただかなくて大丈夫です。
お手持ちの鍵盤楽器がある場合はお知らせください。
お持ちでない場合は、生徒さんの身体能力(発達状況)やレッスンの進捗状況に応じてご準備いただきますので、まずはご相談ください。

Q. レッスンを欠席した場合、振替レッスンはしてもらえますか?

A. やむを得ない理由で欠席される場合は、必ず事前にご連絡ください。ご連絡いただきやむを得ない理由と判断される場合には、可能な限り振替レッスンをいたします。
しかし、無断欠席の場合の振替レッスンは行いかねます。

Q. 兄弟がまだ小さく、レッスンに一緒に連れて行くことは可能でしょうか?

A. ご兄弟の同行は基本的には大丈夫です。ただし、レッスンに支障をきたすような場合は、一時別の場所で待機していただく場合があります。臨機応変に対応させていただきます。

Q. 落ち着きがなく、ジッと椅子に座っていられません。それでもレッスンは可能でしょうか?

A. 小さなお子さんは長時間ジッとしていられないのは自然なことです。
入門コースの生徒さんは、リトミック(うた、リズム打ち、体操、他の要素を含む)中心にレッスンを進めますのでご心配いりません。状況に応じて、リトミックの中にピアノに触れる時間を設けています。

Q. 親が共働きで子供のピアノの練習に付き添う時間がありません。ピアノは練習しないと上達しないと聞きます。大丈夫でしょうか?

A. 当ピアノ教室では『お子様が自発的にピアノに向かうこと』を教室方針にかかげてレッスンしています。レッスンの中でピアノに向かう楽しみを一緒に見つけ、一歩ずつ進んでいきます。
おうちで長時間の練習は難しいかもしれません。しかし、ほんのわずかな時間でもピアノに向き合う時間を積み重ねることで確実に力は付いていきます。お子様のそうした姿を励まして見守っていただければと思います。

Q. 飽きっぽく何事も長続きしないので、ピアノも長続きしないのではと心配です。

A. どんな生徒さんでも、同じことの繰り返しで変化がなければ飽きてしまって当然です。
ピアノは繰り返し同じことを反復練習しなければなりませんが、紡ぎ出す音楽は一回一回変化していきます。ただ繰り返しているだけではなく、なぜこの練習をするのかを説明し、そしてその先にあるご自分の奏でる音楽の変化を感じるよう指導していきます。
指導者が粘り強く生徒さんと向き合うことにより、練習への向き合い方をより良い方向へ導いていきます。

Q. ピアノを習うと頭が良くなる、と聞きますが本当でしょうか?

A. いろいろな所で耳にする話題ですね。脳科学の先生方が研究されているようですので、専門的なことは専門家にお任せすることにします。
指導者として思うのは、ピアノ演奏には、正確かつ理想的な演奏をするための高い集中力と、練習を継続するための忍耐力が必要不可欠です。ピアノのレッスンに通うということは、レッスンで学んだことを自宅で反復練習し、その成果を再びレッスンしてもらい…、その繰り返しで演奏が上達していきます。意識せずとも集中力や忍耐力が自然と身に付いていくことは間違いありません。
左右異なる動きで手先を使うことも、脳には良さそうです。
子供さんだけではなく、大人の方の脳トレにもうってつけです。

Q. コンクールに出演することはできますか?

A. 希望者にはコンクール出演を推奨しています。

生徒さまの声

さかいピアノ教室(松本市)にお通いの生徒さまの声をご紹介します。

ピアノを始めたきっかけは何ですか?

  • 姉が先にやっていて、自分から「やりたい。」と思ったから。
  • テレビとか保育園の先生がピアノを弾いている姿を見てかっこいい。
  • 私もピアノが弾けるようになりたい、と思ったから。
  • 姉がやっていたから。
  • お友達がピアノを弾いていて、私も弾けるようになりたいと思ったから。
  • 楽器に興味を持っていたから。
  • 姉の影響でした。最初はやりたくて始めたわけではなかったけれど、今は楽しいです。
  • 家にピアノがあって、ひいてみたら楽しくなってきたから。

坂井先生はどんな先生?

  • やさしくて分かりやすく教えてくれる。
  • 優しく丁寧で分かりやすい指導をしてくださる先生。
  • 細かい所を10回中9回以上成功するまで教えてくれる。
  • 優しいけど、しっかり私の演奏をきいてくれて、分かりやすく解説したり、アドバイスをしてくれるとてもいい先生。
  • とても親切に教えてくださる優しい先生です。
  • やさしくて、分かりやすく教えてくれる先生!「こうひくんだよ」と見本をやってくれる!!

ピアノを続けてきて良かったことは何ですか?

  • 音楽などの授業で楽譜をすぐに読めて良かったです。音楽が楽しくなりました。
  • 部活に活かせている事。
  • 音楽の授業が理解できるし、周りの人に教えたりもできる事。
  • 音楽を楽しめること。
  • 学校で伴奏などできるし、みんなにすごいと言ってもらえる。
  • 発表会に出ることで、自分に自信がついた。
  • 音楽の授業で役立てることができた。
  • 音楽がいっそう好きになった。
  • 音楽が得意になったこと。大きな趣味ができたこと。
  • 金管でがくふにふよみをするとき、音ぷを早くよめたり、音楽会のオルガンのときに上手にひけた。

保護者さまの声

さかいピアノ教室(松本市)の生徒さまの保護者さまの声をご紹介します。

お子様がピアノを習い始めたきっかけは何ですか?

  • 新しい事にチャレンジさせたくて何種類かの習い事を体験させてみて、本人がやりたいと言ったのがピアノだったので。
  • 指を動かせると脳の発達が促進される効果があると聞いた事があったので、ピアノを選択肢の中に入れました。
  • 姉が習っていたので、自然と始めました。
  • お友達がピアノを弾いていて興味を持った。
  • 長子に関しては、自分(親)が習ってみたかったからです。次子、末子に関しては、長子の影響と思います。
  • 上の子(お姉ちゃん)が習っていて、ピアノに接する機会があったので、自然とピアノに興味を持ち、習うようになりました。
  • 年中の時の担任の先生のピアノをひく姿がとても楽しそうにみえたようで、家でもよくまねをしていました。そのうちに、自分でもひいてみたくなり、家ではおもちゃのピアノで遊んでいましたが、”習いたい”と言われたので始めました。

講師(坂井)は保護者さまから見てどのような印象ですか?

  • 優しいです。練習不足の娘に対しても熱心に指導してくれます。
  • とても感謝しています。
  • 人見知りの息子もすぐに慣れるくらい優しい雰囲気の先生。
  • 子供のペースに合わせてくれるので、とても安心してお任せしています。
  • 優しく、丁寧に御指導いただける理想の先生。
  • 面倒見の良い、やさしい先生です。おこられたことあったかな…?というくらいです。
  • 優しい先生!!子供の成長やレベルに合わせて丁寧に教えてくださいます。
  • 子どもひとりひとりをきちんと見て下さっていると思います。娘に合った指導をしていただいていると感じます。音楽を好きになる、音楽が楽しい、曲が完成してうれしい、そんな気持ちでピアノをひいているのかなと思います。学校の合唱の伴奏も自信につながったと思うのですが、最初の緊張と不安を先生に柔らげていただけ、本番に臨めたのがありがたかったです。

お子様がピアノを習って良かったことは何ですか?

  • 音楽に興味をもち、小学校の金管バンドに入りました。
  • 音楽会でも皆と違った楽器をやらせてもらっています。
  • 音感が良くなったおかげで、今までは歌を歌っても音程をハズしていたのが治りました。
  • 発表会に出る事で、自信が持てる様になった。音楽の授業でも役立っています。
  • とても音楽好きになりました。今はユーチューブ等をみて、ボカロ曲なども弾いています。
  • 楽しそうに通っているので、それが一番だと思っています。学校の音楽会や金管バンドでも楽譜が読めるので、色々な事にチャレンジしているようです。
  • 先生ご自身から音楽が好き、ピアノをひくことが楽しいという気持ちを感じることができます。娘もきっとそうなんだと思っています。だからこそ、何か月かに1度しかいかれなくても、やめると言わないのかなと思います。(下の子が小さくても、ご配慮いただき、始められたので、本当に助かりました。そして娘にがまんさせなくても良かったのが何よりです)

よくあるご質問

Q. レッスンを始めたら、すぐに楽器を用意しなければなりませんか?

A. レッスン開始後すぐに慌ててご準備いただかなくて大丈夫です。
お手持ちの鍵盤楽器がある場合はお知らせください。
お持ちでない場合は、生徒さんの身体能力(発達状況)やレッスンの進捗状況に応じてご準備いただきますので、まずはご相談ください。

Q. レッスンを欠席した場合、振替レッスンはしてもらえますか?

A. やむを得ない理由で欠席される場合は、必ず事前にご連絡ください。ご連絡いただきやむを得ない理由と判断される場合には、可能な限り振替レッスンをいたします。
しかし、無断欠席の場合の振替レッスンは行いかねます。

Q. 兄弟がまだ小さく、レッスンに一緒に連れて行くことは可能でしょうか?

A. ご兄弟の同行は基本的には大丈夫です。ただし、レッスンに支障をきたすような場合は、一時別の場所で待機していただく場合があります。臨機応変に対応させていただきます。

Q. 落ち着きがなく、ジッと椅子に座っていられません。それでもレッスンは可能でしょうか?

A. 小さなお子さんは長時間ジッとしていられないのは自然なことです。
入門コースの生徒さんは、リトミック(うた、リズム打ち、体操、他の要素を含む)中心にレッスンを進めますのでご心配いりません。状況に応じて、リトミックの中にピアノに触れる時間を設けています。

Q. 親が共働きで子供のピアノの練習に付き添う時間がありません。ピアノは練習しないと上達しないと聞きます。大丈夫でしょうか?

A. 当ピアノ教室では『お子様が自発的にピアノに向かうこと』を教室方針にかかげてレッスンしています。レッスンの中でピアノに向かう楽しみを一緒に見つけ、一歩ずつ進んでいきます。
おうちで長時間の練習は難しいかもしれません。しかし、ほんのわずかな時間でもピアノに向き合う時間を積み重ねることで確実に力は付いていきます。お子様のそうした姿を励まして見守っていただければと思います。

Q. 飽きっぽく何事も長続きしないので、ピアノも長続きしないのではと心配です。

A. どんな生徒さんでも、同じことの繰り返しで変化がなければ飽きてしまって当然です。
ピアノは繰り返し同じことを反復練習しなければなりませんが、紡ぎ出す音楽は一回一回変化していきます。ただ繰り返しているだけではなく、なぜこの練習をするのかを説明し、そしてその先にあるご自分の奏でる音楽の変化を感じるよう指導していきます。
指導者が粘り強く生徒さんと向き合うことにより、練習への向き合い方をより良い方向へ導いていきます。

Q. ピアノを習うと頭が良くなる、と聞きますが本当でしょうか?

A. いろいろな所で耳にする話題ですね。脳科学の先生方が研究されているようですので、専門的なことは専門家にお任せすることにします。
指導者として思うのは、ピアノ演奏には、正確かつ理想的な演奏をするための高い集中力と、練習を継続するための忍耐力が必要不可欠です。ピアノのレッスンに通うということは、レッスンで学んだことを自宅で反復練習し、その成果を再びレッスンしてもらい…、その繰り返しで演奏が上達していきます。意識せずとも集中力や忍耐力が自然と身に付いていくことは間違いありません。
左右異なる動きで手先を使うことも、脳には良さそうです。
子供さんだけではなく、大人の方の脳トレにもうってつけです。

Q. コンクールに出演することはできますか?

A. 希望者にはコンクール出演を推奨しております。

講師紹介

さかいピアノ教室(松本市)の講師を紹介します。

坂井広恵
武蔵野音楽大学卒業後、ビクターテクニクス音楽教室(現ローランド音楽教室)勤務。
主にピアノ、リトミック指導に当たる。
その後、出産、育児の経験を活かして自宅にて指導を始める。小さな子供たちから大人の方々との音楽を通した触れ合いが何よりの生き甲斐である。
また、小学校の合唱伴奏や英語活動音楽伴奏のボランティアに積極的に関わっている。
近年は、オペラの練習伴奏者としても活動している。

生い立ち

ピアノとの出会いは幼稚園の音楽教室でした。音楽教室のグループレッスンで、先生が弾くピアノの音色にくぎ付けでした(生徒は電子オルガンしか触らせてもらえず、それがすごく悔しかったのを覚えています)。ピアノの音色は、幼い私の心を夢見心地にし、人生を決定づけたのです。

小、中、高校、大学と音楽浸けの日々を送りました。子供の時のピアノの先生の奥様が声楽を教えていらしたので声楽レッスンも受けていました。

小、中学では、合唱伴奏で様々なコンクール出場。その頃、歌も上手いとおだてられ、音楽の専門家になるためにはピアノと声楽両方を学ぶべき!という先生からの圧力とそうなのかもしれない!?という思い込みで、あれよあれよと音楽大学附属高校のピアノ科ではなく、ピアノと声楽の両方を真剣に学べる声楽科へ進学(当時はピアノ科で声楽は学べなかったが、声楽科で声楽とピアノを学べた)。

高校時代はクラシック音楽だけでは飽き足らず、バンド活動(キーボード担当)にも参加。それは、現在嗜むジャズピアノ演奏に(もちろんポピュラー音楽のピアノ指導にも)活かされています。

大学でも、ピアノ科の方々に負けないピアノ演奏を自負し(トランペットの伴奏もしていました)、卒業に至ります。また、声楽から学んだ歌心は今となっては何にも勝る財産だと思っています。現在の、合唱やオペラの伴奏という仕事に大いに役立っています。

私が幼い時、衝撃的なピアノとの出会いがあり、その延長線上に今の生活があるように、生徒さんがレッスンでワクワクしより良い音楽生活ができるよう、指導者として一回一回のレッスンに真剣に取り組んでいく気持ちは誰にも負けません。

アクセス

さかいピアノ教室(松本市)のアクセス情報をご案内します。

所在地:長野県松本市筑摩2丁目
※富士電機より徒歩3分です。
※駐車場、駐輪場あります。


↑こちらの富士電機より徒歩3分の筑摩2丁目です